×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

ハンバーグの作り方

基本的なハンバーグの作り方を簡単に紹介します。
ヘルシーにしたりこってりさせたりと色々アレンジできるのもハンバーグのいいところですね。
材料(4人分):合いびき肉300g たまねぎ2分の1個 パン粉1カップ 卵1個 塩・こしょう少々 油
作り方@たまねぎをみじん切りにし、炒めてよく冷ます。(炒めないでもいいですが、炒めた方がたまねぎの甘みが出ます)
A合いびき肉に冷ましたたまねぎ、パン粉、よく溶いた卵、塩、こしょうを入れ、よく混ぜ合わせる。(粘りが出るまでしっかり混ぜてください)
B混ぜたハンバーグのタネを両手で交互にたたきつけタネの中の空気を抜く。小判型に形成し中央を少しくぼませておく。
(空気があると焼いたときにハンバーグが割れやすいので空気はしっかり抜いておきましょう)
Cフライパンに油を熱し、ハンバーグのタネをのせて焼く。最初は強火で両面を焼く。火を弱めて中までじっくり火を通す。
これはあくまで基本的な作り方なので、それぞれご家庭の作り方があると思います。自分で一番いい作り方を見つけてくださいね。

ハンバーグの種類

ハンバーグは色々とアレンジが出来るの所がいいですよね。安くてカロリーを控えたいなら豆腐ハンバーグがおすすめです。
和風に大根おろしとポン酢で美味しくいただけます。また豆腐ハンバーグは鶏ひき肉を使うと離乳食にも出来ます。
おからを使ってもヘルシーに出来上がりますが、個人的にはおからのぱさぱさ感があまり好きではありません。
おからハンバーグのソースは和風にあんかけなどがいいかもしれません。チーズハンバーグは上にプロセスチーズをのせればいいので
簡単に出来ます。またハンバーグを焼いているときにひび割れがおこったときにちょっとかぶせることで割れ目も見た目もカバーしてくれ
ます。ひじきを入れると低カロリーなのに栄養満点のハンバーグに、ほうれん草やにんじんを入れても見た目のきれいなハンバーグが
出来ます。野菜嫌いな子にはみじん切りで入れてみるといいかもしれませんね。

煮込みハンバーグのいいところ

毎日、家族揃ってご飯を食べる家庭ならハンバーグの焼きたてを食べれるのであまり問題はないのですが、どうしても帰りが遅い家族が
いる家庭にとってはなかなか焼きたてを出せないですよね。本当はその都度焼けばいいのですが、家事をしている主婦の方には正直
たまりませんよね。その点、煮込みハンバーグっていいと思いませんか?普通のハンバーグよりも豪華に見えるし、野菜もたくさん
取れるし、肉汁が飛んでぱさぱさしているなんてことはないし、時間が経っているほど味もしみ込んでておいしいし、寒い時期だと温まるし。
本当言うことありませんよね。ソースもトマト、デミグラスソース、ホワイトソースなどアレンジも色々出来ます。
ホテル特製のデミグラスソースや煮込みハンバーグ用のソースも販売されていますので、お手軽に煮込みハンバーグを作ってみてください。

Copyright © 2008 ハンバーグの作り方